2011.07.26 ええ話
『とと』の事~(旧チビトラ) 【追記ありま~す】
 ととtttt


 ととっち


 2011_0720_181038-DSCF4532.jpg


ご報告遅くなったけど今更ながら(笑)正式譲渡になりK家のご長男になりました♪
てか、最初から譲渡(笑)

気分なさげ~な時にこんな可愛い画像見て癒されてます♪

おばちゃんは先住さんのぱこちゃんともこちゃんを見て
「まったくええ猫や。高かったん違うかな?あの猫」って(笑)
うちらの方では長毛ちゃんとかはすぐ高級品って思う人多々~(笑)
おばちゃん・・・この写真見て「元気そうで・・・ありがとうってお伝え下さい」って
うるうる

実はですね~ なんと!このぱこちゃんともこちゃんはくぅさんから譲り受けたんやよ~

里親さんは時間をかけてぱこちゃんともこちゃんとととちゃんの様子を
見てくれてます。
娘さんもとってもいい子達でくぅさんとおばちゃんのお墨付き♪


新しい子を迎えるのって、先住さんとの相性なんだな~と思います。
以前飼っていた2匹は先住さんの方が雄なのにお母さんのように受け入れてくれて
初日からOKで、今回もこんなに時間がかかるとはおもいませんでした。

ぱこもこは怒って喧嘩するとゆうより、怖がって隠れてしまったので
最初はととが使った毛布を嗅がせたり、ととを遊ばせた部屋にぱこもこを連れていったり
間接的にアピールしてみました^^

まだ、もこちゃんが怖がってととを避けてますが、完全に拒否ではないので
そのうち仲良くなれるとおもいます。

冬になって3匹の猫団子がはやく見たいものです♪



って言ってくれてます。
鬼ごっこ的な事もするようになったみたいです。
ぱこちゃんもこちゃんご指導よろしくね☆
いつもありがとっ Kさん♪


記事を保存にしたって思ったら公開になってた^^;
ちょっと書きたかった事。
おばちゃんはこのチビトラを保護して電話をくれた時に私は
「時間かかってもきっといい里親さん見つかるでがんばろ」って言いました。
おばちゃんは猫と犬を飼っていてとても大事にしています。
猫は完全室内飼いって思ってたんだけどお客さんが多いので
開けた隙によく外に出て行ったそうです。

そんなおばちゃんが「チビの貰い手あるかいな?」ってずっと心配してました。
しかしそんなおばちゃんはすぐ病院連れて行ってくれ先生にも励まされました。
かわいくて仕方なかったみたいです。
沢山の方にお世話になりありがとうございました。

実はすぐほしいって人がいました。
その人はおばちゃんちの近くのお家。
でも、その家は猫を外で飼って夜だけ帰って来たら家の中入れるって飼い方。
もちろん病院なんて連れて行きません。
その家の仔猫は野良ネコにやられていつも傷だらけで
一年後あっけなく交通事故で死にました。
それからすぐにまた子猫を貰って来たけど子供が芝生なんかですべって遊ぶ道具
みたいなのに乗せて自転車につなげて走ったりしてたそうです。
その仔猫はその家に来て4ヵ月で外で死にました。
貰い手がおらんだらその家にって何度も言ってたけど「待って、こんなに可愛がってくれとるで
ちゃんとした里親さんに貰ってもらった方がいいやろ?」って私も何度も言いました。
おばちゃんも世話を一生懸命でしてくれてたから「ええ人にもろてほしい」って
ずっと言ってました。
でも、見つからんだらどうしよって…
で、その家の子が毎日おばちゃんちにチビトラを見に来てもらったるよって
言ってたから、親も…。

里親さんが見つかる・・・って保障はなくて手にした命を途中で投げる事は
絶対出来ません。
時間かかっても必ず見つかるって信じてました。
私は近所のこの人には絶対渡したくなかった。

そんな時にKさんから問い合わせ頂いてお話させて頂きお願いしました。
おばちゃんも「幸せにしたいって思ったらええ人見つかるんやな」って。
「猫、子もけた(生んだ)、いらんか?」
「ほな、ひとつもらうわ」
ってやりとりは不幸な子増やすっておばちゃんもわかってくれたみたいです。

Kさんとの出会いはおばちゃんにとっても宝のような出会いでした。
そんなおばちゃんはKさんから送ってもらった画像をプリントアウトして
居間にはってあります(^O^)

h-line12.gif
  
福島被災猫シェルター基金のお願いです。
何かの形で協力できるよ~って人は下記まで問い合わせください。  
被災地の子の為に頑張ってくれてます↓
  「みえ東北わんにゃんレスキュー」をよろしくお願いします。


ぽちっとお願いします♪
にほんブログ村 猫ブログ 猫犬 多頭飼いへ
にほんブログ村



スポンサーサイト